盗聴を発見しよう|プライバシーの侵害を許すな

個人情報の漏洩を防ぐため

女の人

いつ仕掛けたのかさえわからない盗聴器は、コンセントの中やテレビ、電話機、室内灯からぬいぐるみまで様々な場所で仕掛けられます。盗聴器を自分で探すには、盗聴器発見器やFMラジオを使うことで探すことが可能です。専門業者に依頼すると一つ残らず発見してくれ、取り外しまで行ってくれるという利点があります。

情報漏えいを防ぐ

忍者

導入メリットと費用は

情報漏えいやプライバシーを侵害するものとして盗聴があります。盗聴は発見されないように工夫されたマイクを設置することで見えない場所の音声を電波で伝えることで盗み聞くというものです。盗聴そのものは罪に問われることはないため、盗聴器そのものは販売されており一般の人でも簡単に購入することができます。一方で盗聴器の役割は発見されずに音声を集めて電波で外に漏らすことですので、一般的な人がそれらを発見するのは至難といえます。特に機器の中に設置されているものは、見た目にはまったく分からず、分解しなければその存在を知ることができません。このため盗聴器発見には専門業者を依頼することになります。業者といってもその種類はさまざまで専業にしているところもあれば、探偵などが行っているところもあります。その中でも安心できるのが警備会社が提供している盗聴器発見サービスです。大手の警備会社であれば、信頼できる人が調査にあたってくれますし、調査に使われる機器も最新式のものが使われるので安心です。費用はやや高額ですが明瞭化されているので、あとから追加料金を請求されるといったこともありません。一方で盗聴器はいつ仕掛けられるかわからないものですから、盗聴器の調査を定期的に行ってくれるサービスもあります。この場合には毎回盗聴器発見の調査を行ってもらうよりも費用を下げることができますし、家庭のほか会社などの人の出入りが多い場所には特に有効です。

リアルタイムに位置を把握

GPS

小型gps装置には記録型のロガータイプとリアルタイム追跡型の発信機があり、後者は車両追跡の目的に最適です。高性能のリアルタイム追跡型gps発信機でも、レンタルなら購入するよりも安い費用で利用できます。浮気や不正勤務の現場を押さえることも可能な点が、リアルタイム追跡型gps発信機の大きな強みなのです。

様々な機能がある

スマホの地図

gpsをレンタルする時にはどのような性能が必要かや、どこに設置するかを考えて選ぶ必要があります。gpsを車に取り付けるか持たせるかによって選ぶ機種が違ってきます。またレンタル店は品揃えや料金の他に、説明を丁寧にしてくれるかも確かめてから選びましょう。