盗聴を発見しよう|プライバシーの侵害を許すな

リアルタイムに位置を把握

GPS

車両追跡等の目的に最適

配偶者の浮気調査や不正行動が疑われる社員の追跡調査を行う際には、以前であれば探偵などに依頼して尾行してもらうのが一般的でした。現在では小型のgps装置が普及して一般の人でも追跡調査ができるようになり、企業の危機管理にも多く利用されています。このような小型gps装置にはデータ発信機能を持たない記録型のロガータイプと、リアルタイムで位置情報を把握できる発信機タイプの2種類があります。特にリアルタイム型のgps発信機は車両などに設置することにより、徹底した追跡調査の目的に大きな威力を発揮しているのです。このようなgps発信機を導入して車に取り付けた場合は、浮気が疑われるような配偶者や行動を監視すべき社員の位置情報を常時確認できるようになります。車ばかりでなくバイクや自転車にも設置可能な小型タイプの製品も売られており、いずれも取り付けるのに専門的な知識は必要ありません。設置後はスマートフォンのアプリやPCで位置情報が検索され、地図アプリで視覚的に現在地を確認することも可能です。高性能のgps発信機を自分で購入するとなれば高額の費用も心配されるところですが、多くの人は購入より料金が安いレンタルを利用しています。リアルタイム型のgps発信機を購入する場合は、本体価格に加えてサーバー利用のための月額料金も支払わなければなりません。通常の追跡調査は1カ月程度で相手の行動パターンが把握できるケースが多いため、レンタルを利用した方が結果的に安く上がるのです。レンタルでgps発信機を導入した後の活用法は利用者の工夫次第ですが、場合によっては浮気や不正勤務の現場を押さえることも可能です。直接の証拠を確保するのが難しい記録型のロガータイプと比較した場合、この点がリアルタイム型の大きな強みと言えます。追跡対象の位置情報を地図アプリ等で24時間把握できれば、解決に向けた最善のアイデアも思いつくものです。